一応、2期も観てみました。面白いと言えばそうで、かなり笑えるわけですが、だんだんワンパターンに思えてきて。まだ、魔王を倒していないので3期もあるでしょうか。なかなかキャラが個性的でいいんですけど、一定の限界がある感じ。と言っても、それはどの作品も同じですけどね。1年後くらいに3期なら楽しみかも。

あとは、どうかなぁ〜。思うのはアニメ観過ぎるのもいかがなものか。なんか既視感にとらわれて、本来面白い作品がいまひとつに感じる気もする。「サクラダリセット」は一応新鮮。「武装少女マキャヴェリズム」は既視感という意味では半端ないのだけれど、下手な捻りよりいいんじゃないかと。って、もはやレビューにならん気も。

そんな中でpixivコミックの「ローゼンメイデン」。マンガの方を読むのは初めてです。青年誌連載だったらしいのですが、作者が女性ということもあって少女漫画風の絵柄が可愛い。もしかして、今は一番気になるのかも。

ということでツバメです。素早くてカメラに収めるのが難しく、電線にとまったところを後ろから。明日からは皐月。


e0077477_17222217.jpg

[PR]
# by cahlan | 2017-04-30 17:22 | Anime | Comments(0)

現時点での4作

本日は「月がきれい」の日!。いやぁ〜すわ、NTRかと思いましたが、そんなの絶対ありません!。二人いい感じになっちゃいましたね。「事件」が起きても一話内で解決は今風で、この物語は妙な緊張感引きずらない方がいい。

修学旅行が京都というのも定番ですね。でも普通2年生で行くんじゃないの? 夏服なので何月だろ。月ごとなら7月なのだけど、夏って感じでもないような。うーーん。いつだろ。

ところで、タイトルの「通り雨」は私の知る限り詩集はないような。小説はいろいろあるようなのだけどピンと来るのがない。「驟雨」とすると吉行淳之介。少し最近過ぎるかな。

であとは「クロプラ」の日でもある。わりといい。今のところは「すかすか」>「クロプラ」>>「ゼロの書」>>「ダンまち2」かな。私的に。ということで満開ですね。いたるところで。


e0077477_23251228.jpg

[PR]
# by cahlan | 2017-04-28 23:25 | Anime | Comments(0)

すかすか

「すかすか」もまぁいい感じかな。可憐で儚げな女の子のために「僕は剣をとる!」みたいな。ゲ〇吐きそうな中二病俺様系展開ではあるのだけれど、全体から見た空気感がさせる技か不思議と嫌味がない。と、私が思うだけかもですが。

ストーリーがシンプルで分かり易いというのもいいかもしれません。妙に奇を衒った展開に嫌気もさしていますし。

「正解するカド」。なかなか面白く新鮮ではあります。がっ、「リアリティー」への拘り度が気になるところ。「交渉官」という担当はTPPなど細かい交渉をする際には置かれることはあるようです。ただ、こんな国家の存亡をかけた時に代理となるプロは実際にいるのでしょうか。全権大使というような形ならあるんでしょうけど。

日本的とよく言われるのが、こういう代理を任されている人に十分な決裁権がないと。T社の大問題でも、直接交渉にあたる担当の権限が限られいたため、どうしても「持ち帰り検討」となる。この「持ち帰り」というのが曲者で、担当者は上司の承認を得て交渉を成立させることを、社の真の利益より優先する心理が働くというのです。なので原発の大事故という、発生確率は極々低くとも、万一の場合にトンデモ事態を招くリスクへの認識が甘くなる。結果は、ご覧の通り。

というところと、首相、かっこよすぎるです。歴代首相で似ている人探しているのですが、誰でしょうか。まぁ、現実にこんなことが起こったら、真っ先にアメリカ大統領に電話するんじゃないかと思われ。

とのツッコミはさておき、セルライク3DCGも非常にスムーズでいい感じです。リアル系の方が上手く行きますね。SF的に見ても異次元はありきたりではあるものの、宇宙人より納得しやすい。それなりに論理的ですし。なんらかの異界人からのオファーがエネルギー問題、しかも電力というのも「Dimension W」でもそうでした。現実味がある。石油が戦争の大きな要因の一つということからもね。ってことで、私的な異色アニメ楽しみです。

ツツジが超満開でした。そういえば「CLANNAD」・OPのモデルになった青森県横浜町。汐ちゃんが走る向日葵畑。リアルは菜の花畑なのですが、5月2日に開花予定とか。調べて見ると首都圏からでも早朝に出れば新幹線(八戸から1時間ちょい)で日帰り可能みたい。もちろん、現地題材時間は僅かで、写真とって早々に引き上げパターンですけどね。GWに行ければ行きたい。


e0077477_23404970.jpg

[PR]
# by cahlan | 2017-04-28 10:00 | Anime | Comments(0)

アリスと蔵六も・・

少しずつ進んできて差異が明らかになってきました。あくまで好みの問題というのは繰り返し断っておきます。

「エロマンガ先生」。私自身「ごちうさ」の「あざとさ」〜〜あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~. とか、ひと目で、尋常でないもふもふだと見抜いたよ、あたりは許容範囲内です。というかアレの絵柄は超可愛くて大好きです。がっ、こっちは、アカンヤツ。私的に。「お〇ん〇ん」連呼とか狙いすぎでヤナ感じ。いずれにしても前作との差別化を意識しすぎて、何だか明後日の方向に飛んでる気がします。エ〇で行くなら「妹ちょ」くらい徹底してみれば(ふん。。って感じ。でも観ます。

一方、なかなかと好印象が増したのが「アリス」。人ではないと紗名が告げられるシーン。蔵六、早苗、竜の3人とミリアム、紗名の車内。2つの場面を切り替えながらリレー方式で矛盾なく解説が進む。既存手法と言えばそうですが、きっちり伝える演出は秀逸。

ただ、早苗からの蔵六への要求(願い)は舌足らずで意味不明。蔵六のミリアムへのお説教もやや中途半端。「プリヤ」のクロみたいに「女の子の命は世界より重い」くらいのノリがほしかった。あるかどうか分からないリスクと、今、その人をどう評価するかなら後者が重い。それは私も同意。

またミリアムがリスクを重んじ大義を主張するのなら、ただちに紗名を殺すべき。結局、自らの夫の再生を目論む利己的な本音を付いても良かった。ああ、それは蔵六知らんことのなってるかw。でもでも、能登神様とあきちゃん演技は癒されるし、いいよコレ。キャラデザの違和感も慣れてきたw。

で、少しずつモッコウバラが。お家の自慢は白・黄色が混じってるところ。


e0077477_23575503.jpg



[PR]
# by cahlan | 2017-04-27 10:00 | Anime | Comments(0)

Open Music Initiative

少し別話題で。あんまり興味はないのだけれど、アイススケート・メドベジェワのセーラームーンコスプレ。いやぁ、ロシアの人って結構アニメ好き多いのかな。日本の文化に理解を示して好きになってもらえるってとってもいいことです。

でも。天邪鬼の私は別角度で気になることが。あれって著作権クリアしてるのか?。ネット調べてみたけど分からなかった。

もともとコスプレって厳格に言えば結構グレーでもあるけれど、著作権者側が黙認しているという解釈が一般的なようです。前に書いた気がしますが、コスプレ衣装を制作・販売している方に聞いた話。メイドさんとかセーラー服とか一般的なのは特に問題ないのだけれど、アニメキャラ衣装についてはちゃんと版元に許諾を得る必要があって大変なのだとか。素材や縫合の品質も完璧なハズなのに某国のナンチャッテ品には勝てないと。特に外国の人は細かいことを気にしないのでなおさららしい。

衣装自体には複製権があるけれど作成時点でクリアしているかもしれない。でも、衣装を着てエキシビションやるということは上演・演奏権が絡んでくるハズ。とかね。まぁアレにとやかく言う人いないでしょうけどね。

さらに気になる、どうぶつビスケッツ×PPPの音楽番組出演。観てないんですが。観た人に聞くと、歌自体あんまり上手くなかったと。まぁ、CD流すより全然いいし、ネタでしょうから。それより、なんかアウェイ感、際物感漂ってたとか。でもさ。CDが売れなくなりネットでの音楽販売・配信が主流な今、音楽って「資産」から「消費財」に格下げになった気がするんです。危機感持った方がいい。視聴率稼ぎのため人気アニメの声優さんに「出演していただいている」立場を自覚すべき。

延々引っ張りましたが「音楽教室」から著作権料という少し前にお話しに行きつきます。あのさぁ~マジで小さいころから音楽に親しむ習慣を持ってもらうという百年の大系に逆行するよ。某Y社だってこんなんで大儲けと考えてるわけでもなく、将来、楽器買ってもらうための先行投資だよね。ボーカローイドと同じ位置付け。ひいては、音楽が普及してってことになるわけで。

いっそのことと思いついたのがOSI(Open Source Initiative)に似た組織の音楽バージョンどうだろ。CDやネット販売・配信などである程度著作権料をもらったら、あとは自由に使ってもらえよ。著作権自体は放棄しないものの、MIDIなどで部品も提供してそれ元に新たな曲を作り商用利用してもOK。非営利団体として個人や企業から寄付を募って運営し、余ったお金は子供の音楽教育補助や若い音楽家の育成資金にする。

著作権権益団体はもちろん作詞家、作曲家、歌手、レコード会社・・各方面に影響はあるでしょう。でも、少し収入が減るだけなんじゃないかと。相変わらずコンサートでの収入はあるでしょうし。ジャズバーとかは余分は出費が抑えられお客さんにも歌手・演奏者にもプラスかも。

どう考えてもカラオケ1曲で著作権者にチャリンというのは納得がいかない。しかも本当に全ての著作権者にチャリンと行ってるんだろうか。「Aさん今月は3円ね」みたいなのを、多数の人にしなければならないハズで、そんなに厳密にやれてるんだろうか。

いずれにしても、目先の利益ではなくずっと将来を見据えた発想は重要です。音楽の楽しさを末代まで「残す」ためにね。

で、ちょいとアニメ。「ゼロの書」「ダンまち2」。うーーん、なんか平板、ありきたりで今ひとつに思えてきた。「FAガールズ」は相変わらず軽い感じ。百合系姉妹のSキャラは、ずいぶんと凝った設定で。奇を衒わないとなかなかねぇ〜は分かるけど。ということで、藤っていい香りしますよね。


e0077477_00450134.jpg



[PR]
# by cahlan | 2017-04-26 10:00 | Real | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan