SAO、君の名は、花物語‥

というかですね。更新が開いているのは、結構、集中的にアニメを観だしたから。前から敬遠していた「ソードアートオンライン(SAO)」の1期25話観てみました。なぜ避けてたかと言いますと、あまりに「リアル」だから。

「ゲームは遊びじゃない」感覚から見ると、いくらアニメ世界の設定でもデスペナがリアルの死とか重過ぎてシャレにならない。先行プレイヤーへの嫉妬とか、超レアアイテムが出てしまったためにギルドがギズギズとか。一気に過熱する恋愛感情は特にね。なんか画面の前で赤面しそう。アルアル過ぎて「嫌いだ!」このアニメ。

そもそも一度、ネトゲにハマると脳の一部組織というか情緒、感情、価値観といった心の動きを司るロジックに不可逆な改変が行われると思っています。(「ReWrite」ですね。回を追うごとに分けからならさ増大の)一応、対象ゲームへの中毒症状からは抜けても、一旦、書き換えられた「感じ方」は元には戻らない。それを、いきなり目の前に突きつけられる感があります。

それとノウキン俺様最強バトルもヤダなぁ〜。宇宙CQCかよ。ニャル子ww。一応、申し訳程度にタゲ回し(タゲスイッチ)はやりますが。そうそう、耐性のない女の子向けに。仮想世界の素敵なナイト様は現実ではありませんからね。くれぐれも膨らむ妄想にご注意を。

あと。やっぱりHは大人になってからね。触手ありぃの拘束ありぃのウケ狙いで世界観に似つかわしくない演出も気になります。人気の理由は十分に理解できますが、私にはキツイわ。来年、映画化されるみたいですが、何とVR設定がARに。そのあたりは時代を映してよく考えてるなと。なのでアニメ評論家としては嫌でも観なければなるまい。

ちなみにDQ10もFF11、14も一般フィールドではPKできません。昔お話ししたように私はPvP大キライです。でも、FF11について言うとMobのヘイトを利用した疑似PKができてしまっていました。MPK(モンスター・プレイヤー・キル)。Mobはヘイト対象が突然エリアしてしまうとすぐに消えません。たまたまそこに人(PC)がいると条件により襲いかかることがあります。ってぇのをですね。もちろん故意ではないですが、ミスってやっちまったことが一度あり。苦い慚愧、思い出しちゃったじゃないか。

あとは「言の葉の庭」を。うーーん。普通ってくらいでしょうか。で「君の名は」観に行ってきました。なんだかネタバレになるのであまり書かない方がいいんでしょうけど。遠回しにね。

映像、特に新宿あたりはさすが新海さん。「東京ってこんなに綺麗だったんだ」と改めて思わせてくれます。今まで大画面で観たことはなかったので感激でした。ただストーリー展開は、なんだかジブリっぽい。新海さんは「秒速5センチメートル」だと思うわけです。その基準からすると「らしく」はない。特にエンディング。

この映画、放映スクリーン数も今までの作品とは比べものにならないほど多く、プロモーションもすごい。なんでもこの映画にあてられた夏の東宝枠は今までジブリ用だったとか。観に来ている方も一般人(パンピー言うなぁw)多めでした。先入観なく観れば間違いなく名作で、評判もとるに違いない。メジャーへの道ですかね。いたしかたない。

「ちょっとだけ出演」の声優さんが面白いです。エンドロールに「ユキちゃん先生」と出る「言の葉の庭」の花澤香菜さん、ヒロインのお母さん(二葉)役の大原さやかさん。一言、二言なんですけどね。大原さんはEDまで気づきませんでした。もちろん、脇で悠木碧さん、島崎信長さん、石川界人さんら若手実力派がいい味だしてます。

アニメに戻ると見落とし系の「ご注文はうさぎですか?」。いやぁ〜「きらら」ですねぇ。としかいいようがないです。水瀬さんってレムりんもそうだし、水色髪がハマリ役かな。なんとなく雰囲気が共通する。

で、探していて銀座の書店で見つけた「花物語」。西尾維新さんじゃないですよ。吉屋信子さん。多分「元祖」アレです。短編集で1話あたりが短く、読みやすい。ただ、現代仮名遣いにしたとあるのですが、口語化もしてるのかな。お話しによって少し文体が異なります。それはそれでいいのか。忘れな草が「あの花」みたいで(ってw)いいですね。

「あの花」にも引用されていますが、ドナウ川の伝説を下敷きにしたお話。女子校での下級生の上級生へのほのかな想い。卒業の日、お花を先輩の机に忍ばせます。「私を忘れないで」ですので英語なら「Don't forget me」なのかと思いきや「forget-me-not」。これは忘れな草のドイツ語名が「Vergiss-mein-nicht」だからみたいです。大正時代の作品ですから、昔の人なりの誤認や差別的な部分もあるんですけど、それはそれ。その時代、時代の空気ですから。青い花でもこれは違うよね。
e0077477_09505333.jpg


[PR]
Commented by きちのすけ at 2016-09-13 03:15 x
おひさしぶりでーす。

君の名は。僕も観ました。
せらさんに教えてもらった言の葉の庭が超ツボで、他の作品も全部観てから映画館に行きましたよー。

あまりアニメや映画を知らない僕からすると、人生でベスト3に入る作品でした。
多分歴史の引用の仕方とか、感情の揺らし方がツボなんですよね。

小野小町含む歌仙は、定説ではないと思いますが、憤死もしくは非業の死を遂げた人物と思っていて、
それが頭にあったので大災害もすんなり受け入れられました。

ドラクエは最近かなり控えめだけど、ひとまず金策だけしてる感じかな。
またいつか遊びましょ。

また立ち寄りまーす(^-^)/
Commented by cahlan at 2016-09-13 09:54
おひさです! お元気そうですね。
「君の名は。」は興行的にも大成功みたいですね。新海作品ですと私はやはり「秒速5センチメートル」でしょうか。「星を追う子供」がまだなので、そのうちにと思っています。

DQX復帰は多分ないと思いますが、ブログ更新していきますし、ネットではつながっていますので‥

ちょっと諸事情ありで更新が滞っていますが、落ち着いたら再開します。時々、更新見に来てください!
by cahlan | 2016-08-30 10:00 | Anime | Comments(2)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan