星を追う子ども:11年〜

新海さんの作品で、おそらくこれだけ観ていなかった。2時間近い長編、完走しました。一言で言うと「これ・なんて・ジブリ?」。

Wikiで調べると新海さん自ら宮崎作品へのオマージュと言っています。ヒロインの女の子の顔から、ヘアピンの留め方まで。キャラデザの西村貴世さんは「秒速5センチメートル」なども担当されており、他作品とはイメージ違います。敢えてジブリ風にしたのでしょう。

ジブリ的にみると「ラピュタ」+「もののけ姫」でしょうか。オマージュが多すぎて、もう何がなにやらですが、あの「猫」も、石も、ケツァルトルの造形も‥。田舎町の風景もジブリ的ですが、新海さんとしては、しっかり「君の名は。」に引き継いでる。でも空だけは、いかにも新海作品です。

時代は70年代とのことですが、車の形からもう少し前のようにも感じます。ヒロインのお母さんの車はホンダN360でしょうか。みんなタバコ吸ってるのはいかにもらしいです。あと地下世界は、どうでしょう中南米古代文明あたりがモデルかな。かな。ケツァルトル→ケツァルコアトルとするとマヤ文明ですし。

スピード感のあるストーリーや新海さんらしからぬアクションはなかなかよいのですが、ちょっと荒さが目出つ。ヒロインのシュンとの距離感とか、代任の先生から地下世界の話を聞くところとか、伏線不足で唐突感があります。

脚本的にはプロローグで先生の回想から入って、地下世界で恋人が復活させられるかも‥で、組織に入り‥までやっといて、場面変わって、アスナちゃん(SAOと同じだ)登場がいいかも。で、前半は、もうちょいもったいつけつつ、シュン&アスナの淡い恋をもう少し。ラブストーリーは新海作品らしく行ってほしかった。(敢えて省略なんでしょうけど)

声優さん的には入野自由さん。私的には「ツバサ」・小狼が印象的。「言の葉の庭」にも、近々行きたいと思っている「聲の形」。イカ娘・金元寿子さん。「琴浦さん」「ガルガンティア」以来、私の観るアニメ的にはご無沙汰。このあたりの方は‥

ということで、まだご覧になっていないのなら「君の名は。」復習編としていいかも。原点が垣間見れます。あの湖を見渡す光景も‥。ということでの一枚。
e0077477_13070628.jpg

[PR]
by cahlan | 2016-09-18 12:57 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan