ベルセルク:16年〜

2016年夏クールについては、最後の感想となります。もともとファンタジーを好きになったきっかけがタニス・リーですので、ダークファンタジーは大好きです。結局、汚れちゃった大人は、キリト君のようなヒーローじゃなくて、ガッツがいいです。

ストーリーとしては、長い原作をうまく切り取り12話にまとめたと思います。初めて観ましたが、前提知識がなくとも十分追えました。登場人物も個性的でとてもいい。来春に続編が来るようですので、大変楽しみです。

がっ、3DCGだけはなんとかしてくれ。人の動きとか不自然過ぎます。3DCGはかなり技術が進歩して、斬新な試みという段階じゃないと思いますし。その点が大きくマイナスなんです。内容がとてもいいだけに残念過ぎる。

で、2016年秋クールへ。「3月のライオン」。羽海野チカさんって絵がどこかでと思ったら「ハチクロ」の人だったんですね。少女マンガっぽくてとても可愛いです。ただ、女の子はいいのだけど、男の子がいまいち。というか、アニメにする際にこうなったのかバランス悪いです。

冒頭で洗面台の排出口に水が流れ込むシーンとか、目が大写しになってから顔にスパンするとか、主人公の心の闇表現で画面が黒く塗りつぶされるところとか‥いかにもシャフト&新房監督って感じです。ただ、妙にだだっ広い部屋とか、ありえない螺旋階段などは控えられ、一般向けアニメとして程よい演出。

将棋のことは全くわからず(駒の動かし方だけ知ってる)、継続できるか否かはなんとも言えないのですが、人の心の葛藤を描く部分は楽しめそう。ただ、私的にはこれにラブストーリー要素が欲しいところです。ダメだろな。録画なので後でまとめても見れますけどね。

続いて「ViVid Strike!」。主題歌も水樹奈々さんっぽいくらい「なのは」です。ストリーは、うーん、いいです。キャラも昔のイメージを踏襲せざるを得ず、古めかしいですけど、一流声優さん聞けるだけで。。。

ということで、セイタカワダチソウです。かつては、最悪の外来植物として嫌われましたが、最近は自然環境の変化で減ってきてるみたいです。確かにあまり見ない。
e0077477_14451934.jpg
最近の復習編は「XXXHOLiC」なんです。また折をみて感想書きます。「ハチクロ」も観ないとかな。あんまし一般向けはアレですけどね。


[PR]
by cahlan | 2016-10-09 14:45 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan