冬アニメそろそろ終盤

ずっと「まとい」「まほいく」「Lostorage」比較中なのですが、「まとい」ちゃんは、ちょい意外性でもほぼ想定内のエンディング来そうですね。これのいいところはバランスなので、王道でいいかと思います。なかなか良作かな。

「まほいく」の方は、こういうのトレンドなんでしょうか。チラとだけ魔法少女のリアルの人となりを描いて退場させるの繰り返し。パターンが見えてきてしまうので、意外性に対して逆効果な気もします。ハードゴア・アリスちゃんは短いながらいい感じの描き方でしたが。黒幕らしき人もわかり、まとまりよくは終われそう。最後にどんでん返しを見せてくれれば評価がさらに上がるものの良作以上はほぼ確定かな。キャラデザ可愛いし。

「Lostorage」もいい感じですね。すず子、千夏が分かりあって、みんなと協力してブックメーカー倒すという予定調和な方向性でも大丈夫な気がしてきた。ブックメーカーを「倒す」には対戦して彼のコインを全部錆びさせるということでしょうか。勝利した、すず子か千夏の願いは「今までルリグと入れ替わった人の救済」とすると、ブックメーカーも復活する。さて、どうするか?とか。

実はブックメーカーを操る黒幕(カーニバルだったりして)がいて、再び「白窓の部屋」でラスボス戦とか。それくらいでも良作は超える。さらにカタルシスを見せてくれるなら、名作と言っていいかも。「まほいく」に比べてトレンディじゃないけどキッチリした作品ですね。

細かい点では、井口裕香さん、阿澄佳奈さんが今までのイメージとは違う感じの役を演じてるところ。結構、あらこの人‥みたいな感じで有名声優さんが入ってます。

ということで、葉っぱ写真など。テンプレ変えて横長になったので、少し一段落を多めにしたのだけど見にくいです?
e0077477_18020465.jpg

[PR]
by cahlan | 2016-12-10 18:02 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan