2017冬アニメ5

まだ、ファンタジー要素ありの好みのものは始まらないのですが。ドロリ期待の「クズの本懐」。女性作者ということで膨らむ胸の内。。。でしたがっ。

双方、別に好きな人がいる男女が付き合うという設定は背中ゾクリです。でも、もうちょい不道徳さが欲しいかな。女の子の好きなお兄ちゃんが、ただ昔から憧れてた人じゃなくてぇ。例えばですねぇ。自分は父の不倫相手の子供で、父は女と心中。しかたなく父の元妻に引き取られ、異母兄妹が一緒に暮らす。自分は養女であることは知っているが、幼いころに引き取らたために、憧れのお兄ちゃんと実は血が繋がっていることを知らない! みたいな。。。

作者の方針として敢えてHシーンも厭わないとのことらしいのですが、ちょい長すぎかな。スマホ呼び出しはもう少し早めの方がいいかと。最後まで行かないというのは想定通りだし、この方がなんとなくいいと思う。楽しみな作品ですが、濃厚味までもう少し。ああ「風夏」も1話目はどうもフェイクみたいだから、こちらも次に期待です。

続いて「南鎌倉高校女子自転車部」。どうしても地元近くのは観ちゃうわけですが、鎌倉高校よりも七里ヶ浜高校の方が絵になるんでしょうかね。2011年のマンガ原作ですが、なんだかキャラが昔風。ちょっと気になりました。自転車は少し薀蓄行けるので継続かな。ちなみに、クロモリはクロムモリブデン鋼のこと。軽量で強度が高い合金です。もともと自転車フレームは構造上前後の衝撃には弱いです。コケるよりぶつかるのがね。コケるのはどうして肩から落ちるので鎖骨骨折がっ。。とか。

さらに「スクールガールストライカーズ」。なんかゲームが面白いというので観たわけですが、うーーん、感想も何もな感じかな。「政宗くん〜」も2話に進みました。腹黒キャラかぁ〜、ラブコメですのでこれくらいが限界ですね。という意味では悪くはない。

蛇足ながら、金曜に「ナウシカ」やってましたね。今観ると、最近のアニメとの比較で声優さん(この当時はジブリもそうだった)の演技に違和感あるのと、映像技術も稚拙ですね。でも、私的にはこの作品がジブリでは最も好きです。環境保護万歳!は、時の世相なのでそれはそれとして。

当時のアニメとしては大ヒットですが、興行収入は約15億円。「千と千尋の神隠し」の300億とは比べものになりません。前述しましたが時代が違うので映像を見較べても意味はなく、好みの問題もありますが20倍というのは奇異な感じしませんか?。

この後「魔女の宅急便」から鈴木敏夫さんが加わりましたが、興行収入は倍程度。と言っても、すごいんですけどね。三桁到達は「もののけ姫」になってからです。この間、ジブリとしてのブランディング戦略を地道にやった結果なのでしょう。でも、それ以上に、アニメというものが文化として評価され、一部の特殊な人から一般の人へマーケットを広げて行った経緯もあると思います。

なので80年代や90年代に新海さんと河村さんがタッグを組んで「君の名は。」を出したとしても、今ほどの大ヒットはなかったハズ。もう一点、考慮すべきはSNSかな。マスによる広告より口コミですよね。拡散力が全く異次元だと思うわけです。

アメリカ大統領になる人が記者会見よりツイッターな時代になってしまいました。もはやマスメディアの命脈も・・・なんて思っちゃいますね。恐ろしい未来なのか、それはそれで何とかなっていくのか。よく分かりせんけどね。ということで、木にピントがあってしまった梅一輪です。今日は雪模様の寒さでしたが。


e0077477_21434958.jpg



[PR]
by cahlan | 2017-01-14 19:40 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan