タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~:16年

今週末は休養。友人からの推薦で12話観てみました。活動休止で話題となったスフィアの4人が久々に総登場という作品。でも、主題歌は歌ってないという。まぁ、私的にはお父さんの森川さんをたっぷり聴けたかな感ですが。

絵柄からと放映されていた時間帯からも子供向けでしょう。ちょっと私の好みとは違う。逆に言ってもらわないと永久スルーでした。なのでそういう意味で感謝。

原作は「発明発見物語全集〜磁石と電気の発明発見物語」を下敷きにタイムトラベルものとして脚本を書いたって具合かな。日常、サスペンス、歴史の三要素を上手くブレンドしているけれど。この絵柄だといくらスフィアでも二兎を追って大きなお友達もという戦略は厳しい。いっそ子供向けに徹してもう少し史実を入れた方がいいような。とても面白い試みであることは認めるけど、中途半端という弱点もある作品。

あとは、いくら子供向けとは言え御影さんが完全な悪者扱い(しかも違法行為まで!)はちとどうか。最後、エジソンと意気投合するのは大人なら分かるのだけど。ねぇ〜。オポチュニティとか言われるとSWOT分析とかやったのかしらん。GEのお偉いさんになったりしてw。

確かに数学なんて実用を考えていたら進まないだろうと思われ、でも、ピュアサイエンスだけが偉いという考え方もどうかと思う。経営学ももちろん学問ですからね。そいや調べみるとエジソンって、ガス灯と電球のコスト比較をしたとか、物の規格を考えたとか、トータルデザイン商品などなど、経営学という体系もない時代にすごいな。あんまり良い印象の偉人じゃなかったけど見直した。

ついでに定例の「亜人ちゃん」。デュラハンと「観測とは?」の量子力学って、ちょっと面白いと思いました。それだけだけど。ということで、もうすぐ春の空にコブシ。

e0077477_17112515.jpg



[PR]
by cahlan | 2017-03-12 17:14 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan