2017年 03月 07日 ( 1 )

僕だけがいない街・9巻

借りて読みました。外伝集となっています。加代ちゃんの「結婚」の経緯も分かりました。昔からマンガは読むのが得意ではなく、数をこなせていないので評価は難しく、1〜8巻は読んでおらずアニメだけの知識ですが。

連載された時のページ数の関係でしょうか、アニメではかなり頑張っていて評価もした人物の内面が描ききれていません。このページ数で描けという方が無茶ですが。加代ちゃんストーリーだけでコミック1冊使っちゃうくらいが良かったかな。

全体の雰囲気としてキャラデザ以外はアニメからも違和感はなく、それぞれの気遣いが暖かく、よい内容だったと思います。もしかして、もしかして作者さんも加代ちゃんは悟君を待つべきだったという「想い」もあるのかな。他のキャラのストーリー内でも「悟君は加代ちゃんに恋愛感情ないのでは‥」と考察する場面が出てきます。読者からも自明に近いことで、ちょっと言い訳がましい。であるが故にです。

でも、これは悟君の問題ではなく加代ちゃんの問題。冒頭で描きこみ不足と言っちゃいましたが、これくらいアッサリ「前に進もう」とした方がリアリティーある気もします。一種、女の子への幻想がなくていいかも。

てか、ループものですので、加代ちゃんと悟君が結ばれるパラレルワールドも読んでみたい気がします。あと究極のロリコン、愛梨ちゃんとの未来も。って、それだとギャルゲーになっちゃうねw


[PR]
by cahlan | 2017-03-07 10:10 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan