<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

SAO、君の名は、花物語‥

というかですね。更新が開いているのは、結構、集中的にアニメを観だしたから。前から敬遠していた「ソードアートオンライン(SAO)」の1期25話観てみました。なぜ避けてたかと言いますと、あまりに「リアル」だから。

「ゲームは遊びじゃない」感覚から見ると、いくらアニメ世界の設定でもデスペナがリアルの死とか重過ぎてシャレにならない。先行プレイヤーへの嫉妬とか、超レアアイテムが出てしまったためにギルドがギズギズとか。一気に過熱する恋愛感情は特にね。なんか画面の前で赤面しそう。アルアル過ぎて「嫌いだ!」このアニメ。

そもそも一度、ネトゲにハマると脳の一部組織というか情緒、感情、価値観といった心の動きを司るロジックに不可逆な改変が行われると思っています。(「ReWrite」ですね。回を追うごとに分けからならさ増大の)一応、対象ゲームへの中毒症状からは抜けても、一旦、書き換えられた「感じ方」は元には戻らない。それを、いきなり目の前に突きつけられる感があります。

それとノウキン俺様最強バトルもヤダなぁ〜。宇宙CQCかよ。ニャル子ww。一応、申し訳程度にタゲ回し(タゲスイッチ)はやりますが。そうそう、耐性のない女の子向けに。仮想世界の素敵なナイト様は現実ではありませんからね。くれぐれも膨らむ妄想にご注意を。

あと。やっぱりHは大人になってからね。触手ありぃの拘束ありぃのウケ狙いで世界観に似つかわしくない演出も気になります。人気の理由は十分に理解できますが、私にはキツイわ。来年、映画化されるみたいですが、何とVR設定がARに。そのあたりは時代を映してよく考えてるなと。なのでアニメ評論家としては嫌でも観なければなるまい。

ちなみにDQ10もFF11、14も一般フィールドではPKできません。昔お話ししたように私はPvP大キライです。でも、FF11について言うとMobのヘイトを利用した疑似PKができてしまっていました。MPK(モンスター・プレイヤー・キル)。Mobはヘイト対象が突然エリアしてしまうとすぐに消えません。たまたまそこに人(PC)がいると条件により襲いかかることがあります。ってぇのをですね。もちろん故意ではないですが、ミスってやっちまったことが一度あり。苦い慚愧、思い出しちゃったじゃないか。

あとは「言の葉の庭」を。うーーん。普通ってくらいでしょうか。で「君の名は」観に行ってきました。なんだかネタバレになるのであまり書かない方がいいんでしょうけど。遠回しにね。

映像、特に新宿あたりはさすが新海さん。「東京ってこんなに綺麗だったんだ」と改めて思わせてくれます。今まで大画面で観たことはなかったので感激でした。ただストーリー展開は、なんだかジブリっぽい。新海さんは「秒速5センチメートル」だと思うわけです。その基準からすると「らしく」はない。特にエンディング。

この映画、放映スクリーン数も今までの作品とは比べものにならないほど多く、プロモーションもすごい。なんでもこの映画にあてられた夏の東宝枠は今までジブリ用だったとか。観に来ている方も一般人(パンピー言うなぁw)多めでした。先入観なく観れば間違いなく名作で、評判もとるに違いない。メジャーへの道ですかね。いたしかたない。

「ちょっとだけ出演」の声優さんが面白いです。エンドロールに「ユキちゃん先生」と出る「言の葉の庭」の花澤香菜さん、ヒロインのお母さん(二葉)役の大原さやかさん。一言、二言なんですけどね。大原さんはEDまで気づきませんでした。もちろん、脇で悠木碧さん、島崎信長さん、石川界人さんら若手実力派がいい味だしてます。

アニメに戻ると見落とし系の「ご注文はうさぎですか?」。いやぁ〜「きらら」ですねぇ。としかいいようがないです。水瀬さんってレムりんもそうだし、水色髪がハマリ役かな。なんとなく雰囲気が共通する。

で、探していて銀座の書店で見つけた「花物語」。西尾維新さんじゃないですよ。吉屋信子さん。多分「元祖」アレです。短編集で1話あたりが短く、読みやすい。ただ、現代仮名遣いにしたとあるのですが、口語化もしてるのかな。お話しによって少し文体が異なります。それはそれでいいのか。忘れな草が「あの花」みたいで(ってw)いいですね。

「あの花」にも引用されていますが、ドナウ川の伝説を下敷きにしたお話。女子校での下級生の上級生へのほのかな想い。卒業の日、お花を先輩の机に忍ばせます。「私を忘れないで」ですので英語なら「Don't forget me」なのかと思いきや「forget-me-not」。これは忘れな草のドイツ語名が「Vergiss-mein-nicht」だからみたいです。大正時代の作品ですから、昔の人なりの誤認や差別的な部分もあるんですけど、それはそれ。その時代、時代の空気ですから。青い花でもこれは違うよね。
e0077477_09505333.jpg


[PR]
by cahlan | 2016-08-30 10:00 | Anime | Comments(2)

Parallels Desktop 12 for Mac

Parallels Desktop 12 for Macを入れてみました。いいタイミングで来るんですよね。macOS Sierra対応とか言われるとついつい5千円。特に問題なく動いております。DQ10試してないけどね。そいや、そろそろiPhoneがFeliCa無理としても何らかの形で日本の電子マネーに対応してほしい。

でないとですねぇ。本物のスマホ買えないじゃん。SuicaとFeliCaとそのアプリは便利すぎる。携帯1台で定期が更新できて、チャージもできて、新幹線予約できて、都内からそのまま大阪まで行けて‥便利過ぎてねぇ。規格統一とJRがアプリ作ってくれればいいわけですが。

で、アニメは「ReWrite」がますますわけわからん。空き時間に「おそまつさん」観てみたのですが、継続する気は(もともと)さらさらないのだけれど、声優陣みると女子人気はなるほどと。特にBLでもないんでしょうけど。

9月にかけては映画鑑賞期間にしようかなと思っています。「君の名は」→「planetarian」→行くかどうかは迷い中だけど「君嘘(実写)」のつもりです。そのうち Sierraも出てくるしね。でも、ESETが対応してくれず、すぐには入れられないんだろうな。

[PR]
by cahlan | 2016-08-23 09:59 | Real | Comments(0)

雨ひどいですね

夜にはマシになるでしょうか?
[PR]
by cahlan | 2016-08-22 09:52 | Real | Comments(2)

Fate/Zero:11年〜

昔から好きだったものの集中的に深夜アニメを観だしたあたりの作品です。当時はあまり録画設備なども充実しておらず、飛び飛びで観ていた感じ。プリヤ以来のマイブームで完走していまいました。

「Stay night」の後で観たので、よくストーリーが分かるし、さすが虚淵さんなのでしょうか。物語の運びが玄人っぽい。以前に書いたようにもともとのFateが同人からであることと、ゲームをアニメ化する際、複線ルートのまとめ上げなどなど整合性の乱れはいたしかたないところ。こちらは小説、おそらくアニメシナリオ前提のものでしょう。比較するのは酷かな。でも、伏線の回収から回想を出すタイミングから卒なくまとまっていますね。改めて通してみると。

みんな、さすがに観ているでしょうから。少し外れた部分で。まず、切嗣さんの銃がワルサーだったり、アイリ&セイバーが乗ってる車がベンツなのはドイツ意識でしょうか。でも、セイバーのバイクはヤマハのVMAX。日本製ですね。身長154センチのセイバー、足付くんかw。いずれにしても、ガンアクションやカーチェイス、ロー・ファンタジィだからできる面白さですよね。

あと拳銃のトンプソン・コンテンダーですが、これはアメリカ製。弾丸が特殊だから選んだのでしょうか。改造リボルバーにでもしておけばピンチ少なかったかもwwww。

ということはさておき、24話が気になりました。300人乗っている船と200人の船のどちらを救うのかってヤツ。いわゆるトロッコ問題からなんでしょうか。5人の命を助けるために1人を犠牲にしていいかということなのですが。2パターン。

(1)あなたはポイント切り替えをする人で、5人が助かる方に切り替えるとその先で工事をしている1人をトロッコが轢いてしまう。

(2)あなたはトロッコに乗っており、1人の人を突き落とすことでその人がブレーキの役割をして残り5人が助かる。

どうしても(2)の方が直接的な「殺人」行為をする前提ですので、躊躇う人が多いようです。さらに(2)で犠牲となる人が自分にとって大切な人(家族、恋人、友人‥)なら。

実際にそんな局面はないでしょからあくまで思考ゲームです。思考ゲームであるが故に法律や常識的な倫理を持ち出すのはルール違反として。私は多分(2)であっても、それが大切な人であっても「突き落とす」タイプだと思います。「Fate/Zero」については全人類とアイリという選択ってことでしょうか。

もちろん、それでは物語になりませんが、残す人が家族だから別バイアスがかかる。自らの「身勝手(利己主義)」のために他人を犠牲にはできないと。ですので、単純に数だけの問題に置き換えたらどうでしょう。聖杯が90%の人類は滅亡させるが10%は残し、以降、飢餓も戦争もない世界を約束したとしたら。

老病死のないユートピアとしてしまうと、人の幸せとは何か?という別の判断が出るでしょうけど。63億対7億。ひとまず平和を約束ならどうでしょう。例えば、超常的な力でエネルギー供給し経済を安定させ、テロを含む大量殺戮を神が抑止するだけの約束なら。新しい世界でも殺人事件を含む犯罪はなくならないし、緩和はされても貧富の差は残り一定程度の餓死者は出る。老病死も今まで通り。約束されるのは「平和」のみ。

東西冷戦が終わり、真の平和が来る道筋が示されたと、かつて人類は甘い幻想を抱いたのでは。でも、今の世界は‥。9対1であっても、その1は誰だか分からない人々であっても、1を選びそうな今日この頃。ということでザクロ。
e0077477_12312461.jpg
で、その他は今まで通りで、「リゼロ」が面白くなってきたものの冗長だなぁ〜。うーーん。って感じ。ひとまずクライマックスへかな。さらに気付いてなかった「あまんちゅ!」。友人が知らせてくれたのですが、なんと、天野こずえさん原作、佐藤順一さん監督!。「ARIA」再び。

早々に6話分を観て追いついたわけですが。うーーん。いいけど今ひとつ。まず、原画は天野さんなのですがキャラデザが違う。「あまんちゅ!」の方が天野さんの原画に近い気がするんですが、私は「ARIA」の方がいいなぁ。あと、制作がJ.C.STAFFなこと。もちろんJ.C.STAFFは日本屈指のクオリティを誇る制作会社だけれど、得意分野が違う。

木々や建物、風景の色使いが実写に近いのでしょうけど。ちがうんだなぁ〜。もうちょいパステル系&ソフトフォーカスがこの種のアニメにあっている。最近なら「ももくり!」がいい感じです。さらにはBGMもねぇ。ああ「ARIA」が良すぎるんですけどね。でも、久々の協力タッグ作品なので継続で。

ちなみに、お婆ちゃんが出てきので、中の人はグランマの松尾佳子さん!って思ったのですが、違いました。井上喜久子さん。って、「怪盗セイントテール」の聖良役だったようです。懐かし過ぎる。涙でそうだ。

<追記>
で、さらにいろいろ考えたので「Fate/Zero」追記。まずは足付かないかもだけど、セイバーの男装はカッコイイですね。宝塚的に女子受けを狙ったのでしょうか。あくまでイケメンではなく、金髪なびく男装の麗人がバリューですから、メットなんぞ被ってはダメで。その辺は固いこと言わずとしたところがいい。

セイバーの呪いってことなのでしょうけど、「純真無垢な少女は存在しない」とかつて書いたと思います。ただ、一個人が全責を負うとなると一国は重過ぎる。真面目であるが故に正義やら公正という呪いに囚われるというのは、それなりの現実味もありそうです。

一方、切嗣も同じ方向性の呪いに囚われている。「平和」という。切嗣はセイバーをガン無視しますが、これは近親憎悪的な部分もあり考えると面白い。でも、この「平和」ってヤツかなり曲者だと思えてきました。

もし、目的のために巻き添えを恐れない切嗣の考え方を拡大解釈していけば、全人類的なホロコーストを行えば「平和」になる理屈ではある。核兵器で人類を滅亡させることは不可能だと思いますが、一国を滅ぼすくらいなら可能かと。トロッコ問題にも通じちゃいますね。

そんな手段しか、今、現実的でないのなら、安易に「平和、平和」というのはいかがなものかと思い出した。数問題でも全人類対一国と考えず、今、紛争やテロで亡くなる方と数億という天秤でもあるので。すなわち、前言撤回。今、世界はとても良い状態にある。ここで平和を希求すれることは逆効果であり、そもそも平和というのは全人類にかかった呪いかもしれません。

[PR]
by cahlan | 2016-08-21 13:02 | Anime | Comments(0)

続いて‥

じゃ、もうついでに「Fate/zero」を復習。今期ものでは、「NEW GAME!」は、まぁ雰囲気は好きですが、だからぁ〜みたいには。「アルスラーン」は、ああ、もうダメだ。今の世相からアニメのトレンドに合わない気も。いいのか悪いのか知らないですが、この種のものとしては甘ったる過ぎ。羊羹に蜂蜜ぶっかけて食べてるみたい。てことで、お花は少しお休みで。
[PR]
by cahlan | 2016-08-18 10:00 | Anime | Comments(0)

結局、Fateを

結局、プリズマイリヤを1〜3期+OVA2と通し観しました。ついでに、まとめて観ていなかったので「Fate stay night」も全部。イリヤの方は、まぁ、アレです。ギリギリに迫るって感じでしょうか。「ストパン」のDVD版もかなりヤバかったですが。アメリカじゃ無理ねw。いずれにしても、放映中の4期がよくわかるようになった。

イリヤのあとで、オリジナルのFate見るとなんか変な感じ。イリヤちゃんなんで変身しないの。遠坂凛、ツンデレのテンプレどこ行ったみたいな。まぁ、オリジナルの方は、かなり昔のアニメなのでキャラデザなど古めかしいです。改めて観ると、伏線不足でストーリーに唐突感や辻褄が合わない部分もありますね。

ただ、元をただせば同人系のサークル発なわけで、これだけのものを作ったというのは凄いとしか言いようがない。整合性の面はゲームを無理にアニメストーリーに押し込めてるという理由もあるでしょうし。で、脚本って岡田麿里さんなんですね。こんなところにも!。

それはそうと、「リリカルなのは」でもそう思ったのですが、ドイツ語は日本人から見て呪文っぽい。英語だと馴染みがありすぎて不思議感が足らず、フランス語やイタリア語は語感違う。でも、イリヤたんってどう見てもロシア系な気がするのだけど。ああ、「ラストエグザイル」のグラキエス語ってロシア語だったね。

あとは、どでしょ。「リゼロ」がやや上がり基調、「ベルセルク」がちょい下げ気味かなぁ〜。あとの日常系は変わらずでしょう。「ReWrite」は、もうね。今後、書かないかも。

て、数日ぶりなのでリアル話題でも。ネットでSM〇P解散はゲーム理論で説明できるとの記事を見つけました。「囚人のジレンマ」ってヤツでしょうか。その記事にも解説ありましたが、ちょっと分かりにくかった。ということもあり、面白いので補足的に。

そもそもゲーム理論ってネトゲとかとはちょいと違って、社会・経済学のお話。MBAとかでもやるのかな。「囚人のジレンマ」はわりと有名らしい。Wikiの例が分かりやすかったので、そのままの数字を使い私なりにアレンジ。まず、共犯の泥棒さん(かな)2人が捕まりましたってところから。

で、検察官が2人の泥棒さんを別々の取調室に連れて行き、連絡がとれなくした上で、同じ条件の司法取引を提示します。

(1)2人とも黙秘を続けるならば両者2年の懲役になる
(2)2人のうちどちらかが、盗んだお金の在り処を自白すれば、自白した方は懲役0年(釈放)、黙秘を続けた方は懲役10年とする
(3)2人とも自白した場合は両者5年の懲役とする

司法取引とはいえ、自白した方の罪が重いのは変ですが、あくまで譬え話ですから。仲間を裏切って自白しちゃうのか、信用して黙秘を続けるのか‥2人は迷います。でも、でも、やっぱり相方は信頼できないと疑心暗鬼になったら。

いくらなんでも10年の懲役は嫌だと考えて、裏切って自白するのが合理的な判断でしょう。上手くいけば、仲間は黙秘を続けていて釈放されるかもしれない。で、この場合、最も確率の高い結末は2人とも仲良く5年の懲役です。全体最適って考えれば、双方信頼して(1)の結末になるのがベストであるにも関わらず。

SM〇Pの場合、仲間を信頼できなかったのでしょう。個人の判断は合理的なのだけれど、グループで見ると決してベストな結末ではなかった、という理解でいいのかな。社会学的な見方とビジネスとしての見方は違うようですが。てことでハイビスカス。
e0077477_22532641.jpg




[PR]
by cahlan | 2016-08-16 10:00 | Anime | Comments(0)

Fate

プリズマイリヤ→stay nightとずっと観ているのだけれど、ちょっと書く気が。また明日。
[PR]
by cahlan | 2016-08-15 09:48 | Anime | Comments(0)

ダンガンロンパ3

ということで、金曜はダガンロンパの日でした。未来編→絶望編の順で観るようにしています。未来編は、いままでのおさらいをモノクマが。で、未来編でアレ??と思った台詞や人間関係が、絶望編で解説されるようにもなっているみたいです。とは言え、ヤヤコシイね。

あとはプリマを少し。ツヴァイが6話まで行きました。特別、面白いってほどでもないのだけれど、ここまで来たらね。ってくらいかな。で気になってるお花。これなんだろ。
e0077477_22163883.jpg

[PR]
by cahlan | 2016-08-13 07:00 | Anime | Comments(0)

プリマ・デー

プリマ1期を一気見(シャレじゃないよ)してしまったので、勢いに乗ってツヴァイに入っています。前からご存知の方は多いかもですが、決してゆりん、ゆりん嫌いではありません。「マリみて」原点ですから。ああ、いつか「花物語」読まんと。買うくらいい買ってくるか。アマゾン検索してたら、また、百合物リコメンドの嵐になりそうで怖いですが。

2期で辻褄合ったのは、クロのベ〇チューは魔力を吸う行為らしい。でも、ベ〇である必要はないだろ。触手よりマシだけどね。ちなみに日本のエ〇作品で海外ウケがいいのは触手物だとか。日本文化の伝統かっ。ああ、ユネスコに申請しないとね。「無形世界資産」かな。かな。

フレによるとバトルシーンがなかなかだとか。確かに、リリカルなのは+Fateという感じで接近戦あり遠隔あり。「ジェノサイド」は、なのは意識のセリフだよね。学園系はなんとなくCCさくらっぽい。なによりFate関係の英霊総登場は、わかりやすくて親近感あっていい。アサシンは佐々木小次郎じゃないのかしらん。あと、美遊がセイバーになった時にリボンは紺ね。こないだのは見間違いか。難点は、バトルタイムが長すぎる。こういうのは日常5、ファンタジー5の均等がいいな。シャナ1期みたく。

ちなみに、橋があって川があっては、この種のもののステレオタイプの街並み。Fateオリジナル含めて冬木市は神戸周辺がモデルらしい。作家によるのでしょけど、涼宮の西宮市、あの花の秩父、シャナの御崎市は関東設定だけど、吹田市あたりらしい。なのはの海鳴市は諸説あり。CCさくらも諸説ありますが横浜あたりではとの説(水族館などなどの設備面から)がもってもらしい。

いずれにしても異次元にしても結界張るにしても、ロー・ファンタジーでの街中バトルは整合性の点からこのタイプでないと無理ね。ひとまず1期10話で次のツヴァイ・ヘルツまで行っちゃおうかと。
e0077477_22300595.jpg
あとですね。「甘々と稲妻」はずっと何も起こらずワンパターンな日常。これ、なかなかいいですねー。初心者向き?。ああ、餃子はさぁ〜、皮買ってきたことしないよ。包むのメンドイけど割と楽なメニューですね。ソーセージとか包んだり。ニンニク入れず、ハクサイとニラにした方が翌日いいよ。それでも牛乳は飲んでおいた方がw。

で、GAとりだして約1ヶ月。UUは188でした。6割くらいがリピーターなのですが、この割合はセッション数全体で再訪してくれた人。実際に4回以上来てくれた常連さんと思しき人は10人くらいでした。まぁ、そんなもんかな。端末はMacが多いのは私自身。Windowsとスマホは半々だけどややWindows多め。面白いところでは、PS3、PS−Vita、Linux、ChromeOSからのアクセス。後の2者はロボットかな。イラクからのアクセスもあるしw。

市町村はあまり正確に出てこないです。私自身も多分「横浜」に分類されている。それも踏まえて面白いのが雲仙、稚内。あとは常連さんでもセッション時間がやたらと短い傾向が不安ではあります。平均でみると3分30秒なので、読んでもらえてると思いたい。GAの精度もどこまでか分からないとしておきましょう。

[PR]
by cahlan | 2016-08-12 10:00 | Anime | Comments(0)

プリヤと‥

8月31日までバンダイチャンネルで無料でしたので、「プリヤ」1期を観だしました。そもそも小学生設定だったのね。まぁ、さくらちゃん→なのはちゃん以来の魔法少女の伝統ですがっ。高校生(くらいのハズ)の凛が「年増」かよw。ただ、ヤバくないかコレ。いろいろな意味で。特に外国では。でも、面白いので継続。2期は有料だけどどうするか。

で、その他。「NEW GAME!」。これも微妙に百合なのだけど。。続いて「アルスラーン」。前も少し触れましたが、民主主義、正義といった価値観を素直に受け入れられたのは、この小説を読んだ時、私が子供だったからというだけでは収まらない気がしてきた。

トランプ氏の言動を聞いて、幼稚な排外主義者、差別主義者と馬鹿にしきれない自分がいる。実際、民主主義本家のアメリカの国民がそう感じているからああなっているのでは。世界の空気感が変わって来た気がします。あんまり、いい方向じゃないよね。

日本でも事件あったしね。容疑者を弁護する気はさらさらないし、マトモじゃないと思うけど。あんなふうに発想させる一因だったかもしれず。

そういう意味で、経済、ああ、言葉繕いました。お金は重要だと思う。貧すれば鈍するのかなとも。正直我が身と考えると、棺桶に万札詰めてもらおうとは思わないにせよ、最低限の日々の糧はね。それにも困窮してる状態で人に優しくできる自信はない。なので経済の減速や貧富の差の拡大は、ヤバイ、マジ、ヤバイと思うころごろ。ということで、百合ですわ。お姉様w
e0077477_23173343.jpg

[PR]
by cahlan | 2016-08-11 07:00 | Anime | Comments(0)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan