<   2017年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

少し中間報告を

「Rewrite」のストーリーが少し読めてきました。「コレ、何の、グリザイア」みたいな。まぁ、いいんですけど。「にゃんこディズ」はショートとしていいと思う。「けもフレ」じゃなくて、こういうのを可愛いと定義するのだけれど‥。

「風夏」も持ち直し感。「幼いころの恋心を高校生まで維持できる女の子なんていないんじゃぁ?」それって男性の偶像崇拝。「歌と演奏一発で会場の雰囲気変えるってちょっと現実ではないような」とか。ツッコミどころ、いろいろあるんだけど。まぁ、少しずつシリアスには展開してきました。

やっぱり男性作家かなと思わせるスッキリし過ぎの心理描写、女性への理想像的非現実感もありなのだけど、丁寧には描けている気がしてきた。ネタバレ見ちゃったのだけど、いいんじゃないですか、今後はどこまで進むのでしょうか?。

そいや明日、けもフレ8話かっ。脳が溶けてバカになりそうなあの感覚。謎解きと合わせて中毒症状が出てきた。早く観たいw。

[PR]
by cahlan | 2017-02-28 23:56 | Anime | Comments(0)
週末に予定ありで長い2週間になります。
[PR]
by cahlan | 2017-02-27 10:44 | Real | Comments(0)

四天王寺行って来ました

本日は父の法要の関係で大阪・四天王寺行ってきました。「勝手なこと言い残して・・・」と思いつつもねぇ〜。少し暖かくて亀の池がすごいことに。コレ、みんな外来種なんでしょうね。


e0077477_20424780.jpg


四天王寺からハルカスが見えるんですね。なんか違和感あります。



e0077477_20422717.jpg


やっぱり大阪の原風景はコレ。見ると心が落ち着きます。東京タワーやスカイルツリーに比べ、造形が垢抜けないのも甚だしい。でも、それがいいんです。幼いころから見て過ごしたものですから。


e0077477_20431343.jpg


というととで、少し今期アニメへ。折り返し地点を過ぎました。「カオチャ」。ヤバイな、子供は私の心のコード規制にかかるのでゲロゲロです。でも、ストーリー的にはワケワカメから持ち直して来た。

「亜人ちゃん」。たまたまかもですが、ハートウォーミング久々な気がして癒されますよ。絶対に悪人はいないというところが。「メイドラゴン」も同じ系統ですね。京アニとしては、心機一転、ガラッと雰囲気変えた意欲作。デキは普通程度なのですがいい感じですし、変えようという意識には敬服!。

「クズ」は、うーーん、面白いけど人が代わって同パターンを繰り返している印象が。モカ編は少し捻りもあり、モカちゃんの心情の特殊性はなかなか。「王子様を。。」なんてバカバカしいと知ってるのだけど、でも、ってところがいい。麦の敢えて自分のタメに行くところまで行かないとか深い。流れが変わることに期待。

「幼女戦記」は、やはり私的には今期最高レベルを順調に飛行中です。キャデザ以外は、歴代でもかなり上位に位置付けてもいい。戦争への薀蓄も悪くない。よく考えられてる。こっちの碧ちゃんは最強だし。

で「けもフレ」ですよ。バンダイチャンネルでは日曜配信です。もう7話まで来ましたが、人類が既に滅びた、もしくは、別の世界に行ったことが明確に示されます。半分過ぎてシリアス展開というのは、ちょっとやり過ぎなのですが、謎が解き明かされると伴に、ちょっと悲しい結末程度ならいいかなと。EDや、ジャパリパークは人が作ったテーマパークの廃墟であることを示唆する形で伏線は十分。

とはいえ悪人はおらず「すごーい」「たーのしーい」で来ているわけで、最後の最後で逆転はちとねぇ〜そのあたりのバランスでしょう。いずれにしても、声優さんの下手ではないけどテンプレ演技も含め妙な中毒性をもったアニメであるには違いない。不思議、不思議なアニメですので、瓢簞から駒的に新しい潮流が生まれる予感。




[PR]
by cahlan | 2017-02-26 21:09 | Real | Comments(0)

ぼくらの:07年

一応、アニメ分類しましたがマンガを読んだだけです。キャラデザ的にちょい厳しいのでストーリーをと考えたのですが、マンガとアニメは後半部が違うみたいです。以前の記事で前振りしましたが、エヴァの残滓残るような感じ。制作会社はGONZOです。

昔の作品ですのでネタバレ書いちゃいますが。自らの地球(パラレルワールド設定)を守るため、少年少女15人が巨大ロボットに乗って戦いを挑むという設定です。ただ、いろいろ仕掛けがあって、敵のロボットも別世界の地球を代表していて負けた方の地球を含む宇宙は消滅する。戦いに勝ってもパイロットとなった少年少女の一人は生命を吸い取られて死亡する‥というもの。

それぞれの少年少女やそれを取り巻く大人たちに複雑な背景があり、そこそこ丁寧に描きながら戦闘が進んで行きます。「そこそこ」と書いたのは、ハードな設定ですのでもう少し深く心を抉る描写もあっていいかなと。作者さんは軍事に詳しいのでしょう。戦争とは軍人とは何か?みたいな部分はなかなか良かったと思います。

ただ、キャラデザがねぇ〜。アレ?男の人って思ったら女性だったり。少し間を開けて読むと、この子誰だっけ?みたいな。ロボットのデザインもエヴァみたいで、うーーん、だし。でも、まぁハードな設定と展開、なかなか良い作品だと思いました。

ということで椿。侘助かな。ちゃんと手入れする人がいなくなりましたが花は咲きます。


e0077477_17454577.jpg

[PR]
by cahlan | 2017-02-25 17:46 | Anime | Comments(0)
「けものフレンズ」。今期、もう限界と思って「このすば」とともに外したのですが、なんだかすごいことになってるようで、慌てて6話まで観ました。

かねともさん炸裂回は面白かったけど、それは声優さんがって意味。3DCGですがクオリティー低すぎて動きがキモイ。制作はヤオヨロズという「てさぐれ!」シリーズを作ったところだそうです。そっちの方はロー・クオリティーをネタにしていたわけですし、ハンドシェイカー」みたいに問題点抱えつつ斬新な試みをしている風もなし。

うーーん。なんなんだ。先行のゲームは既に打ち切りで、メディアミックスの意味も希薄。キャラデザが、ケロロの吉崎観音さん。Wikiをみてじっくり眺めるとサーバルちゃんとかカバンちゃんの目の感じとからしいと言えばそう。

動物園の人の喋りはネタとしては面白く「てさぐれ!」風でもあるんですけどね。「ガルパン」の戦車への薀蓄みたいな感じ?。ケモナーと言うそうですが、愛好家と付けるとなんだかヤバイ語感が。ぞくっ・・・。

こんなにバズる理由が分からないのだけれど、タイトルにとった何気なくアホっぽい台詞に妙な中毒性があるような。もしかして、もしかしてASMR??? ということで、TDRお土産なのですが、なんか口からw


e0077477_00150774.jpg

<追記>
ケモフレの世界観はどう考えても人類が滅んだ後の世界。遺跡に「非常口」なんてありましたし、EDも廃墟となった遊園地です。カバンちゃんは、なんらかの理由で紛れ込んだ最後のホモ・サピエンスでしょうか。てことは、最後の最後で実は〜〜みたいなシリアス展開あるのかっ。それ期待での盛り上がりという説もありますが、この流れで大逆転はちとねぇ。「うたわれるもの」みたいな方向性ならいいんですが。

[PR]
by cahlan | 2017-02-25 00:15 | Anime | Comments(0)

久々外から

アニメは書くことないなぁ〜。「けものフレンズ」が評判になってるとうことで、1話だけ観たんですが。コレ、3DCGね。なんかRPGやってる雰囲気かな。コスト低減なのか技術的にまだまだなのか。でもちょっと新感覚かな。
[PR]
by cahlan | 2017-02-22 18:08 | Anime | Comments(0)

ゆめまち

いろいろお誘いがあって連続なのですが、「浅草・ゆめまち劇場」行ってきました。演目は「ジルドレ」。剣劇、ダンス、映像を上手くミックスした演劇ですが、観劇の経験がなく比較対象がないため「すご〜〜い」みたいな感じで上手くレビューできません。

で、ですね。出てくる登場人物が、豊臣秀吉とか服部半蔵とかお馴染みの人にしている。「何でだろう?」と観ながらボーッと考えていたのが、シャノンの情報理論w。

I(E)=ーlogP(E)

主人公を鈴木太郎とするより、服部半蔵の方が情報量が多い。RIPSという単位を考えてみました。1秒あたりの認識情報量。アニメと劇を比べた場合、アニメの方が単位時間あたり人に伝わり認識される情報量が多いのだろうと。

もちろん、ここで言う認識情報量は単にそれが起こる確率だけではなくて、「人の心に届いてどこまで認識されるか?」です。Wikiの例だと自分が当たる宝くじと他人が当たる宝くじは情報理論的には同じ。でも、心の要素を加えると別のものという具合。定量的比較ってどうすればいいか分かりませんが。あと、「どこまで心奥に届くか?」で決まるリテンション率とかw。

アニメ12話は1話20分として約4時間。劇と比べると絶対時間の差もありますよね。それで考えるとジルドレは少し奇を衒っている気もする。多分、ちょい捻りがないとベタ過ぎるのかもしれない。いつものごとくですが、妙なことを考えつつもとても楽しめました。ありがとうございました。その後は、ちょっと言えないのですが、道端で鳥カフェ宣伝。慌ててとったので下切れたw

e0077477_15452000.jpg

いろいろ楽しいのですが少し疲れ気味です。体力落ちてるなぁ〜と。で、今日みた彼岸桜。

e0077477_15462476.jpg

最近、友人から「ぼくらの」というマンガを借りて読んでいます。10年以上前の作品でアニメもあるのですが、キャラデザ的に私がダメなのを知って、マンガの方を貸していただきました。エヴァの残滓が残りつつも、ダークストーリーはなかなかなSF。読み終わったら少し書きます。

[PR]
by cahlan | 2017-02-19 15:27 | Real | Comments(0)

虐殺器官:17年

好みとは大外れなのですが、お誘いもあり、行ってきました。故・伊藤計劃さんが書いたSF小説の映画化。結論から言うと大当たりでした。面白かった。

そもそも、好みと言えば、やっぱり魔法少女で幼い頃の夢のまま。今でもなれるものならなりたいと本気で思ったりする。

ただ、どちらかと言えば、可愛いとみせて‥が好きなわけで、さくらちゃんはあれはあれで深い。WIXOSSも心の闇がすごくいい。でも、少し大人になってからのハヤカワ文庫はやっぱり大好き。スペースオペラは食傷気味で、FTに流れたけど。なんか凝ってたころを思い出す作品。JAも捨てがたいです。

まず、やや台詞が長かったものの丁寧に説明されていて、予習なしでも十分に楽しめました。原作の良さなのでしょうけど、9.11以来の未来予測がなかなか的確。スマホ利用など現代で考えられる修正はされていたと思いますが、監視社会や貧困層が引き起こす内戦という設定は非常にリアリティがある。内戦が起こりそうな国の選択もなかなか。

また、昔に書いた発泡率についても作者は知識があったのでしょう。ナノテクノロージーやカウンセリングでというお話は、アメリカ軍が朝鮮戦争やベトナム戦争向けに行った軍隊教育と通じるものがある。玄人受けするよく考えられた内容でした。

敢えてアラを言えば、人物の輪郭線が汚い。太すぎて切れ切れになってる。なんか素人が描いたみたいです。わざとそうしている気もしますが、実写取り込みなど背景が頑張っているだけに手抜きに見えました。また、ジョン・ポールの最終的な「動機」については、やや論理の飛躍があったと思います。妻子が死んでしまった怨念としておいた方が自然かも。

あと、ジョンがクラヴィスにかけた言葉の暗示はなんだったのかが明確じゃないかな。最後の法廷での証言がそれだったのかな‥。これはお時間あれば是非お勧めしたい一作。R15指定で、人が撃たれるシーンなどはやや残虐ですのでその点はお好みで。

で、帰りに電車で視た「幼女戦記」が盛り上がってきた! 逆に「クズ」がなんだか同じようなストーリーの繰り返しに思えてきて少し評価下げたかもです。今度は1〜2週間あけてSAOです。今年は「なのは」「Fate」「ゆゆゆ」‥いろいろあるんですよ。楽しみです。ということで、映画ポスターの一部を。

<2月19日>・・としていたのですが、著作権的に気になったので外しました。


[PR]
by cahlan | 2017-02-18 02:38 | Anime | Comments(0)

黄色い方

道端で見つけたので。父のお見舞いにいく道で被写体探すこともなくなり。時は過ぎていきますね。アニメは来期期待だ。書くこと少なし。ああ、そろそろSAO映画あるか。

e0077477_10004827.jpg

[PR]
by cahlan | 2017-02-16 10:01 | Real | Comments(0)
水仙さいてました。今年は例の彼岸桜見れるかな。。。

e0077477_09571536.jpg

[PR]
by cahlan | 2017-02-14 09:57 | Real | Comments(2)

(c)ことみさん:空色マカロン


by cahlan